新しい生活様式 寝具を清潔に保つ方法


家庭内での新しい生活様式とは、家の中を清潔に保つことだと思います。 掃除をしてホコリをとって、窓を開けて空気の入れ替えをする。 なにげない事柄ですが続けるのはちょっと重荷になることもありますね。 家族で話し合って玄関係や洗面所係などを決めておくのも良い方法です。


今日はベッドルームの寝具について考えてみたいと思います。 つい面倒になってしまうシーツやピロケースをこまめに洗濯をしていますか? シーツの交換、大変ですね。手帳に交換した日と次の予定日を記入しておきましょう。 洗濯を外干ししているご家庭は、お天気も気になりますね。予備日なども手帳に記入するのも良い方法です。


さて、今日は布団を清潔に保つ方法をお話ししたいと思います。 季節の変わり目、そろそろ布団から毛布やタオルケットに寝具を交換する時期ですが 我が家はインビスタ社の洗える布団ダクロンを使っています。


羽毛にかわる素材として人気です。新時代の化学素材はアレルギーを起こしにくい。

そして丸洗いが可能なので更に清潔に保つことができます。(布団が洗える洗濯機かどうかはご確認ください)


乾燥器は使えないので、しっかりと浴室で乾かします。 お天気の良い日は外干しも良いですね。

布団がすっきりときれいになったら、洗濯したカバーをかけてクローゼットにしまいます。

布団収納ケースに入れますが、収納ケースも色々なサイズがあるのでネットでご自宅の布団のサイズに合わせて使い分けしてください。


クローゼットにしまいます。クローゼットも閉めきりにしないで、時々換気をしますが、 空気清浄機を使うのも良いと思います。 まとめとして ベッドルームは意外にホコリなどが多くこまめな清掃が大事です。 丸洗いできる布団やまくらなどを選び、寝具も清潔にしてシーズンオフにはクローゼットにきちんと収納すれば次のシーズンにも慌てずに、すぐに布団を取り出すことができます。 家庭内での新しい生活様式は今までの生活を見直し、暮らしの質を上げ、きれいで清潔な家庭環境を作りだすことです。 ただ今、プライベートレッスンの自宅教室はクローズしています。 ご質問がありましたら、お気軽にお問合せください。 コンタクトはこちらから。 インビスタ社の寝具はこちらから

31回の閲覧
猪名川久美子
 日本 東京 恵比寿
k-tamakazura@nifty.com
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

© 2023 by Alison Knight. Proudly created with Wix.com

 

花がたみ

HANAGATAMI
TOKYO STYLE