昨年の台風10号で大きな被害を受けた岩手県久慈市 その新町の七夕について


2016年の台風10号は日本を恐怖に陥れた台風だったように思います。各地で大きな被害を受けて、その中でも岩手県久慈市も水害が甚大だったそうです。

東日本大震災があり、そして台風被害。心を痛めますね。 Facebookで南部美人の久慈社長が、新町十段通り商店街が水害で七夕飾りが使えなくなり、今年は七夕まつりができなくなる可能性があることを訴えて、クラウドファンティングの協力を呼びかける商店街のFacebookをシェアしていました。

そこで私も微力ながら協力をいたしました。

お陰様で目標額の150万円を上回る金額が集まったそうです。七夕まつり、子供たちも楽しみにしているでしょう。よかったね。

昨日、そのお礼の品とお礼状が届きました。

久慈市 シャトータカマツ 大イチョウサブレ

このサブレがお礼品です。

「三陸海岸線を北へ上がると北限の海女で知られる久慈市があります。その久慈駅の小高い山の裾に銀杏山長泉寺があります。この寺には日本一の大銀杏があり、樹齢は1100年だそうです。その銀杏を模ったサブレがシャトータカマツさんのお菓子だそうです」

サックサクのサブレは丁寧な作り手を連想させてくれます。焼き立てパンや地元酒蔵「福来」を使ったカステラも有名だそうです。

今度はぜひお取り寄せしたいおいしお菓子でした。ご馳走様でした。

お祭りは8月6日~8日までだそうです。お天気に恵まれて楽しいお祭りになりますように。

#夏祭り #久慈 #北限の海女 #大イチョウ #シャトータカマツ

21回の閲覧0件のコメント