インターコンチネンタル東京ベイ ジリオンで優雅なディナータイム


ラウンジ前で。ご一緒していただいたのは仕事を通して知り合いましたHさん。待ち合わせ前のひと時に写真を撮りました。

ジリオンの個室をご用意していただいて、2年ぶりの再会にシャンパンで乾杯をしてからガスパチョをいただく。

赤海老のカルパッチョ カラスミマヨネーゼ このマヨネーゼとカルパッチョの組み合わせが最高においしい。シャンパンがおいしく進みます。

ナスとカッペリーニのオーブン焼きは写真が不鮮明なので写真はパスします。(スマホで写真 を撮るのは難しい)

仔牛とポルチーニのラグー 自家製タリオリーニ サマートリュフ これは。。。おかわりしたほどのおいしさ、ラグーが本当においしくてトリフの香りが広がるおいしさ。もちろんワインとのマリアージュも最高でした。

お肉にはもちろん赤ワイン。付け合わせのポテトもバッチリおいしいの。Hさんとは2年前の

お話の続きからスタートして、仕事のことや週末の過ごし方などたくさんおしゃべりしました。IT関係の理系女子に、自分で作ったサイトを見てくださいねなどと本当に厚かましいと思うのですが私のサイトの話などもいたしました。

荒木シェフの料理の説明も楽しく、おいしくお茶をいただいているときに館内をシェフ自らご案内をいただきました。 10月から始まる新しいプロジェクトにお忙しい毎日のご様子。

熱が入るシェフ。

ウェイティングバーもしっとりと落ち着いた雰囲気で、外国からの旅行者も多いようです。

パティシエ・コンクールの最高峰「クープ・デュ・モンド」世界大会に日本代表として参加、準優勝に導き話題となった徳永パティシェ。

もうハロウィンのお菓子が。ショップにはおいしそうな美しいお菓子がいっぱいでした。

ゆったりとしたラウンジ。大きめのソファーが寛ぎを増しますね。

ラウンジの奥には円卓のパーティールーム20名は対応できるそうです。とても美しい空間です。(写真はジリオン料理長の阿部シェフからいただきました)

円卓の横にはライブ感あふれるキッチンがあります。シェフの料理を見ながらお食事するのはワクワクしましね。

このあと色々とご案内いただき、最後は恒例の荒木シェフとの撮影会(笑)

楽しくおいしいひととき、心に残る素敵なディナーでした。ご馳走様です。 あの円卓で花がたみ同窓会いたします!

#インターコンチネンタル東京ベイ

35回の閲覧
猪名川久美子
 日本 東京 恵比寿
k-tamakazura@nifty.com
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

© 2023 by Alison Knight. Proudly created with Wix.com

 

花がたみ

HANAGATAMI
TOKYO STYLE